【書評】『隷属なき道 AIとの競争に勝つベーシックインカムと一日三時間労働』 ルトガー・ブレグマン

これは、欧州の気鋭の知性による、新世代の経済学である。
 
シンギュラリティにより、人類はAIによって隷属させられるという悲観論が広がっている。隷属なき道は、人類には残されていないのだろうか。
 
筆者は豊富なデータと研究成果を駆使し、それに断固たる楽観論を提示する。ベーシックインカムの効用、貧困が引き起こす真の災厄、「大きな政府」の存在意義、銀行の機能停止によって現れた影響、貿易自由化のインパクト、移民が世界経済に与える福音、などなど。我々の先祖が夢見たユートピア。それは目の前にある。我々は今、ユートピアに到達するために何をすべきなのか。筆者の示す道は、驚きに満ちている。経済学の新たなスタンダードとなるべき一冊であり、新世界への羅針盤となる一冊。いちおし

【書評】『答えのない世界を生きる』 小坂井敏晶

「答えのない世界を生きる」。パリ第八大学で哲学を教える筆者による、この世界で異端であることの存在意義について。
 
これは、混沌とする社会に生きながらも、答えを探せというメッセージではない。革新的なアイディアは、常にその当時の「異端」から生まれてきた。万有引力の法則も、進化論も、地動説も、はじめは皆異端だった。ノーベル物理学賞の受賞者のうち、自国以外で研究成果を出したのは62%にも及ぶ。裏を返せば、ノーベル賞を取るような研究者の中で、「正統派」の研究者は32%しかいないということ。
 
一言で要約できるような、一言で感想を言えるような底の浅い本ではない。異端とは、矛盾とは、変革とは、平等とは、普遍的とは。そんな問いに対して筆者が語り、同時に同じ問いが読者に突き付けられる。「自分は」どうアプローチして、どのような答えを出すのか。哲学とは、本を読んで納得するのではなく、本を読んでから自らに問いかけることだと思う。いちおし

【書評】 『鄙の論理』 細川護煕、岩國哲人

1991年刊行の、当時の熊本県知事と出雲市長による地方開発論。
 
その主張するところはシンプルだ。東京一極集中ではなく、「鄙(ひな)びた」地方にこそ、成長と躍進のチャンスは潜んでいる。自らの地方行政の成果から、筋の通らない霞が関の理論まで、リレー形式で語られた一冊。四半世紀以上前に刊行されたとは思えないほど、その主張は古びることはない。むしろオリンピックによってさらなる東京集中が進められている今こそ、読むべき一冊なのではないだろうか。おすすめ

【書評】『生きる職場 小さなエビ工場の人を縛らない働き方』 武藤北斗

「会社の役割というのは、その人が幸せに生きていくためのサポートをするという一点に尽きる」。そう語る筆者による、新しい働き方の指南書。
 
筆者はパートを合わせても11名の、小さなエビ加工会社の経営者である。東日本大震災石巻の工場を失い、多額の借金を背負いながら、大阪で再起したため国からの援助は一切なし。そんな中で考え出したのが、「フリースケジュール」という働き方。出社する時間も、退社する時間も、出社するかどうかすら、自分で決められる。しかも会社へ連絡の必要は一切なし。さらに従業員に定期的にアンケートを取り、嫌いな作業はやらなくてもいいという制度まである。筆者はなぜこのような制度を考え付いたのか。そしてこの制度をどのように活かしているのか。これまでのように人を縛る働き方ではなく、よりよく生きて生きていくための、『生きる職場』の作り方。おすすめ

【書評】『ギリシア人の物語II 民主政の成熟と崩壊』 塩野七生

ギリシア人の物語、第Ⅱ巻は民主政の黄金期であるペリクレス時代から、衆愚政に陥りギリシアが衰退するまで。
 
ペリクレス時代と、その後の衆愚政。あまりに対照的なその2つの時代の比較を通じ、民主政とは何か、衆愚政とは何かを問う一冊。ギリシアのポリス群、アテネ、スパルタ、テーベなどの興亡も興味深いが、その悠久の歴史すらも下敷きに感じさせてしまうくらい、塩野節が冴えわたる。戦争を長期化させないためには、政治的才能と軍事的才能の違いとは、現実主義者が陥りがちな過ちとは、怒りが起こるメカニズムとは、民主政のリーダーと衆愚政のリーダーの違いとは、戦場で兵士たちに向けるべき言葉とは、などなど。広い教養と、深い考察によって導き出された言葉の数々は、「歴史は思想である」ということを再確認させてくれる。いちおし

【書評】『年収は「住むところ」で決まる』 エンリコ・モレッティ

「ハイテク産業では、成功が成功を呼び、多くの成功企業が連鎖的に生まれる」。そう語る筆者による、「場所」に注目したイノベーション論。
 
従来型の製造業は、比較的容易に海外へと生産拠点を移せる。だがイノベーション産業は、移転させることが非常に難しい。それはイノベーションは場所に結びついて起こるからだ。衰退が止まらない、自動車の街デトロイト。それと比べてハイテク産業が次々と生まれ、変化し続けるサンフランシスコ。それらの違いはどこにあるのか。サンフランシスコのように、変わり続け、発展し続けるためには何が必要なのか。「工場を誘致すれば大規模な雇用が生まれる」といった20世紀型の経済発展ではなく、21世紀型の経済発展の指南書。おすすめ

【書評】『経済は世界史から学べ!』 茂木誠

「理論の中ではどちらも論証可能でも、経験や歴史を通じてのみ、何が正しいか判断することができる」。予備校で世界史を教える筆者による、歴史を題材とした、経済学の入門書。
 
経済大国の西ドイツがユーロに加わった理由、江戸幕府鎖国を決めたもう一つの理由、大陸封鎖令の真の意味、ユダヤ人が金融業を営む理由、中国の王朝崩壊のサイクル、積極財政と緊縮財政の使いどころ、などなど。歴史を知っていれば、経済の仕組みも自ずと見えてくる。理論からではなく実例から入るので、抵抗なく頭に入ってくる。歴史も、経済も、一石二鳥で学べる一冊。おすすめ